トップページ >さっぱりタイプ> 角栓をなくす方法

角栓をなくす方法

洗顔石けんには様々なものが求められますよね。洗い上がりのしっとり感もそうだし、洗浄力もそうだし、泡立ち具合や溶けやすさ、香りも重要です。

洗顔石けんに洗浄力を求める人は多いです。特に私みたいな脂質肌の場合、さっぱりした洗い上がりを求めているはずです。

でも、皮脂よりも何よりも、多くの人が石けんで落としたいと考えているのは、毛穴に詰まったブツブツの角栓ではないでしょうか?

イチゴみたいな黒いブツブツがついた鼻。コンプレックスに思っている人は少なくありません。ブツブツを撃退できることを売りにしている洗顔石けんもあるくらいです。

ところで、この角栓、具体的に何だかわかりますか?

多くの人が、皮脂の塊だと思っているそうです。でも、これは違います。皮脂もありますが、皮脂と一緒に固まった角質と言った方が正しいです。

つまり、肌の表面が代謝してはがれたものの、毛穴に詰まって脂漬けになってしまったなれの果てというわけです。

角栓を取り除くのに、温めればいいという考え方があります。これは皮脂の塊という勘違いからくるものです。油は温めると液体になり、落としやすくなるというイメージですね。

それに、皮脂を取り除く力が強い石けんを使えば角栓も自ずと取れると思っている人も少なくありませんね。実際は角栓よりも肌から必要とされている皮脂を奪って乾燥を進めるだけです。

角栓ははがれた皮膚の塊。つまりタンパク質なので、皮脂とはまた性質が違います。ホットタオルなどで温めると周辺の皮膚が柔らかくなって、ダメージを抑えながら汚れを落としやすくなる、あるいは、石けんの界面活性剤の反応を促進する効果はああるかもしれません。でも、角栓自体が劇的に落ちやすくなるということはありません。

角栓が目立ってできるのは、過剰に角質がはがれているからです。

原因としては、乾燥によるもの、洗顔で肌をこすりすぎて、あるいは熱湯で肌にダメージが加わり、ターンオーバーのリズムが崩れていることが考えられます。

洗浄力の強い洗顔石けんを使うよりも、肌の代謝を正常なリズムに戻すことが、角栓を目立たなくさせる一番の近道です。

 

 

洗顔せっけん 角栓Page Top ▲