トップページ >おすすめ> 洗顔石けんとは?

洗顔石けんとは?

使用した経験がある洗顔石けんやオススメの石鹸をこのブログで紹介し始めてから、しばらくになります。

そう言えば、どうして洗顔石けんにそもそもこだわりだしたのかという話をあんまり書いてなかった気がします。私が洗顔石けんにこだわっているのは、洗浄成分が自然だからです。

シャンプーでも今はノンシリコンだとか、洗浄成分のラウレス硫酸Naや鉱物油不使用という売り文句のものが出てきました。

髪や身体、顔に関わらず、私たちが普段洗うために使用している洗剤には、石油由来の洗浄成分が多く含まれています。これは人工的な成分で、必要な皮脂まで身体から奪ってしまうなど、時として洗浄力の高さが問題になっていました。

そのため保湿成分が入っていたりするのですが、「それならもともとの成分から見直した方がいいのでは?」ということで着目されたのが、石油由来の成分を排除した昔ながらの自然派コスメです。

洗顔石けんというと「固形」という印象が強い人が多いですが、「石けん」は石油工業が発達するはるか以前から使用されてきた自然の界面活性剤です。

主に動植物の油から作られていますが、化学的には脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった脂肪酸の塩を指します。界面活性剤なので、油と水をくっつける性質があり、顔の皮脂汚れがシャワーで流し落とせるのはこのためです。

石油由来の合成洗剤に含まれる界面活性剤と原理は同じですが、やはり石けんの方が素材が自然ということと、作用が石油由来のものと比べて劇的でないということ、かつ環境負荷が低いということで近年見直されています。

洗顔石けんと言っても、練り石けんのような固形でないものもあります。見た目石けんそのものの形をしていても、石油由来の界面活性剤を含んでいるものもあります。なかなか紛らわしいですが、私なりに今後もいいと思ったものを紹介していければいいなと思っています。

 

 

洗顔せっけん 界面活性剤Page Top ▲